みなさんこんにちは!AZbambiniの渡邊渚でございます。徐々に暖かくなり春を感じる季節になってきましたね!

いつも当店をご利用頂いてるお客様、当店の事が少しでも気になってブログを覗いて頂いた方、ありがとうございます!!!!!!今回からAZプレゼンツ“以外と知らない”美容の小話』と題しまして定期的に髪の毛のちょっとしたお話をお伝えしたいと思います。

はえある第一回のテーマはこちら…
『“”髪の大敵”紫外線について』
をお送りいたします。


”紫外線”とは地球に届く太陽光線のうち、波長が短く、エネルギーの高い光の事を指します。UVというのは紫外線の英訳ultravioletの略です。UVはUV-A波、UV-B波、UV-C波の3種類あり地球に届いているのはA波、B波です。
B波は皮膚の表面に届き、皮膚や眼に有害で日焼けや皮膚がんの原因になります。
A波はB波程有害ではなくても長時間浴びてしまうと細胞を傷つけ健康被害を与え室内でも通過して皮膚の奥まで届きしわやたるみなどの”肌の老化”や“髪の乾燥”などを起こします。(新川厚生センター 保健予防課HP 参照)
要するにみなさんももちろんご存知だとは思いますが紫外線に無防備なまま当たってしまうと肌にも髪の毛にも悪影響が及びますよということです。
f:id:azkawagoe:20210311170424j:plain
悪さをする紫外線



ここからが皆さんに知っていただきたい“紫外線と髪の毛”についてのお話です…。
 
①紫外線は3,4月も強く降り注いでいる☀️⚡️。
夏のギラギラした夏がどうしても紫外線が強いイメージがありますが下のグラフを見ていただくとわかる通り、実は暖かくなる4月から紫外線は徐々に降り注ぎ肌や髪の毛に悪影響を及ぼし始めていくのです。
f:id:azkawagoe:20210311165458j:plain
年間の紫外線量
②髪の毛はお肌の約5倍紫外線にされされている😈。
髪の毛は本来私達を紫外線から守ってくれています。人間が進化の過程で身につけた自己防衛本能で、実は紫外線が多い地域になればなるほど肌が黒くなり、髪の毛も黒くなります(癖毛の割合も比例して増えていきます)。北欧など寒い地域の人の髪がブロンドで黒人の方々が真っ黒なのには実はそういう理由があったのです。
髪は一番外側にあるということで、お肌の5倍紫外線にさらされています。また女性の方ならお肌の日焼け止めは当たり前にしていると思いますが、髪の対策をされている方は少ないのが現状です。ということは実質的にお肌の20倍ほどの影響を受けてしまっています。
f:id:azkawagoe:20210311170900j:plain
日差しに当たり過ぎるとお肌にも髪の毛にも悪影響

③紫外線にあたりすぎると髪の毛の大敵 “”乾燥”が起こってしまう🍂🥀。

紫外線は当たりすぎると色々な悪影響も出てしまいます。その中の一つにやはり“”乾燥”があります。乾燥すると水分が少なくなり、パサツキやダメージの原因になりますので、やはり髪や肌にはよくない影響があるのです。
f:id:azkawagoe:20210311165847j:plain
髪が乾燥してバサバサに…
④日陰であっても紫外線は降り注いでいる🦹‍♀️
一般的な紫外線対策に日傘や帽子があると思います。もちろん太陽からの直接の紫外線は防げますが、大気中で散乱したものや、地面や建物から反射したものもあり残念ながら日陰であったとしても紫外線を浴びていることには変わり有りません。
f:id:azkawagoe:20210311165953j:plain
ライブドアWEBニュースより参照
このように紫外線は“日光消毒”ができることもありいいこともあるのですが、やはり当たりすぎると色々な悪影響が出てしまいます。解決方法としては日焼け止めクリームまたはスプレーは正しく使うと非常に効果的です。

こすったり汗をかいて落ちてしまうことが多いので2~3時間ごとに付けなおすことをオススメします。
量についても顔の場合でクリームで『真珠2つ分』の量になります。体の中でも凹凸があり塗ずらい場所はスプレーなども併用するのがお勧めです。

髪の毛に日焼け止めクリームを塗るわけにもいかないので、髪の毛にはUVカットスプレーがおすすめです。

髪の✨艶出し効果✨がありつつ全身に使えるUVカットスプレー(SPF50+ PA++++)をAZでも使用しておりますので、気になる方はスタッフにお声がけください。
f:id:azkawagoe:20210311170211j:plain
髪の艶出しにもなるUVスプレー
しっかりと対策を立てて、乾燥・紫外線に負けないキレイな髪を維持していきましょう🕺🏻